スポンサーリンク

田舎の公務員神話が崩れていっている

田舎の話
スポンサーリンク

だいたい、公務員(地方公務員ね)のお給料なんてよくないことってわかってる人はわかっているんですよね。

でも、田舎にいると「ご主人公務員だから、お給料いいよねぇ~」って言わることはものすごく多いです。これは、正直うんざりするときもあるんですけど、田舎だと所得が少ない人がいまだに多いので言われても仕方ないんですけどね。。

でも、少しずつ公務員神話が崩れていっているっていうのもあるんです。

スポンサーリンク

地方公務員のお給料

地方公務員のお給料は、はっきりいってみんながうらやましく思うほどよくはないんです。昔は、確かに手当てがよくてお給料以外の手当てがたくさんあってよかったと思います。

でも、現在は配偶者手当なども年齢によっては廃止になっています。

それでも、組合費やら引かれるものも多く実際の手取りは少なくなってきているんです。

子供たちが社会人になり、びっくりするぐらいの手取り金額になってしまうんです。

このことは、あまり知られていないのでいまだに「公務員だからたくさんもらっているよね~」って言われるんですよね。

それでも田舎は、安定

そう、田舎は他の業種のお給料が少ないのでどうしても安定している公務員のお給料はたくさんもらっているように思われてしまうんです。

それに、安定しているっていうのがあります。

仕事ができるとかできないとか関係なく、基本給は上がっていきます。

それに、やっぱりボーナスが安定していますよね。

そして、一番魅力的なのは医療費の助成です。

これは、地方によって違いますがだいたい20,000円以上のものは返ってくるようです。それと、地方によってはそれ以上のものが返ってくるところがあります。

ただ・・・これは、もともと毎月引かれている共済掛金などが高いっていうのもあるんです。でも、私のように高額の医療費を使っている者にとってはとてもありがたいものなのです。

公務員神話がくずれてきている

こんなふうに、公務員だからってうらやましがられたり、安定している部分はあるのですがこんな田舎でも公務員神話がくずれてきているのも事実なんです。

公務員になっても、生活がしんどいっていう声が上がってきているのです。

若い人たちは、昔の公務員のイメージで公務員になったということもよく聞くのですが実際公務員になってもそんなにお給料が多くなくて生活ができないって言うんです。

それが、だんだんわかってきていてうちの息子の同級生なども地方公務員はほとんどいないんです。

それに、今は終身雇用とか死語のような感じで転職はあたりまえの時代になってきています。だから、公務員になるより転職などにより所得をあげていこうという考えや、副業をしようという若い人たちが増えているというんです。

それでも、田舎の親たちはいまだに公務員になってほしいと思っている人が多いのも事実なんですけどね。。。

ランキングに参加しています。
はげみになています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

田舎の話
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。