スポンサーリンク

保育士を目指すときの大学の選び方

子育て
スポンサーリンク

私の娘は、地方の私大を出て公立の保育士として働いています。

高校3年生のときに、保育士になりたいということで大学受験をしました。

保育士という仕事は、大変ということで離職率が高いのですが、やりがいもありますし子供たちのためにも保育士さんには続けてもらいたいものです。

スポンサーリンク

保育士の目指すのなら4年大学

保育士を目指すなら、授業料などを考えると高くつきますが4年大学のほうがいいです。

保育士と同時に幼稚園教諭一種も取得することができます。

4年大学を卒業をしていると、もし、保育士をやめたとしても賃金の面でも大卒ということで有利になります。

公立か私大

偏差値が高く、授業料が少ないほうがいい場合は、公立の大学がいいです。

偏差値が高いので公務員の保育士になれる確率も高くなります。

ただ、保育士という職業は4年大学を卒業をしても賃金の面では少ないのが現状です。

公務員の保育士でも、ハードな仕事という面では一緒ですが公務員ですと有給休暇、産休、育休などが充実しているので、はじめから公務員の保育士を目指したほうがいいです。

私大の場合は、公立と比べて授業料が高くつきますが、公立より充実している大学もあります。

私の娘は、私大ですが、公務員試験を受けて受かって現在公立の保育所で働いています。

それと、幼稚園教諭一種と初等教育教諭免許も取得しています。

どんな私大がいいのか

大学を選ぶときに、実際にその大学を卒業して保育士になられている方の話を聞くのが一番です。

娘の場合は、担任の先生のすすめの大学で実際にどんな大学なのかをわからずに受験をしたのですが、結果的にはとても良い大学でした。

だいたいの私大には付属の幼稚園、保育園、こども園がありますが、充実していれば日ごろからそこで実習ができるという利点があります。

大学によって、保育の方針が若干違うようです。現在、国の方針で遊びを中心とする自由保育となってきているようですが、大学の付属の園を見て、どのような保育をしているのかを調べてみるのもいいと思います。

娘の行った私大の場合

都会のような大学がたくさんあるような場所では、違うかもしれませんが、地方の大学では講師がいろんな大学で講義をしています。

娘の大学は、歴史のある大学で、施設的には古いものでしたがカリキュラムはしっかりしていたと思います。学部も二つしかない女子大だったので、高校なみの指導をしてくださいました。

チューターが各学生との面談を2か月に1回ぐらいはしっかりされていて、大学卒業後の指導も充実していました。

娘の大学では、教科によっては近くの国立大学と近くの有名私大と一緒の講師だったりしていました。

2年生のときに、公務員を目指すことを決めて、3年のはじめから外部講師の公務員試験の講義を受けていました。それは、外部講師のため大学の授業料とは別に講義料を支払いました。

大学によっては、外部講師が来るというシステムがないこともあり、大学とは別に公務員の専門の学校へ行く学生もいるようです。

娘が卒業してよかったと言ったのは、実習でのことでした。

娘は、保育園、幼稚園、ろう学校、児童施設、小学校の実習に行きました。

保育園での実習は、二週間でしたが、ハードな実習でした。

実習では、毎日A4用紙の日誌を表裏ぎっしり書きます。この日誌の書き方も大学ではしっかり教わったようです。

保育の日誌は、手書きです。最初にえんぴつで下書きを書いて、あとからボールペンで書くのです。とてもつもない時間がかかるのです。

この日誌を書くのに実習から帰ってきて夜中までかかっていました。

娘いわく、この日誌書きがあったから現在の日誌書きがとても楽だと言っています。

実習は、それぞれの園に行くので園によって大変さは違うようですが、実習の前にしっかりとした勉強をしていれば実習の大変さは変わってくるようです。

娘の現在働いている保育園でも、大学生が実習に来るようですが実習の前の準備がしっかりとしていないようで大学によって受け入れる側も大変なようです。

まとめ

娘も私も下調べをあまりせずに、担任のすすめる大学にしましたが、結果的にはよかったです。

保育士を目指すときに、大学を選ぶときにどうしても有名な大きな大学に目が付きやすいのですが小規模の大学のほうが人数が少ないので指導が手厚いのかもしれません。

保育士になるには、実習はかかせません。この実習が大変で保育士をあきらめる学生も多いようです。なので、この実習に対して、きちんと指導されている大学がいいのです。

オープンキャンパスに行ったときにチューター制度が充実しているかを確認することもいいと思います。

保育士という仕事は、ほんとうに大変です。だから、大学でしっかり学ぶ必要があるのです。

 

 

 

子育て
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。