更年期って案外しんどいので、対策しています。

スポンサーリンク
更年期の気持ち

更年期真っ最中です。母が更年期障害で苦しんでいたのを思い出すと、あ~私、そんな歳になったんだなぁ~って思うんですよね。

更年期っていろいろ出るみたいなんですけど・・・気合で乗り切ろうって思ってたんですけど、なんだかそうはいかないみたいなんですね。

スポンサーリンク

更年期の症状

こちらの記事がとってもわかりやすいというか、そうだったんだ~ってなかなか良いです。

【】女性に必ず訪れる更年期 症状や原因、女性ホルモンのゆらぎとのつき合い方
ホットフラッシュやイライラ、不眠、さらには記憶力や集中力の低下まで、あなたのそのつらさ、実は更年期が原因かもしれません。更年期症状の多くは、女性ホルモンの「ゆらぎ」から来ています。ゆらぎを上手にコントロールして更年期をラクに過ごすには?

私が勘違いをしていたのが、更年期ってエストロゲンの分泌が減るんだと思っていたんですけどそうじゃなくて出るけど出なかったりしてゆらぐんですね。

だから、自律神経が乱れていろんなほてりとかの症状が出るんですね。

私が出ている症状

私は、まだ生理はたまーに来ます(笑)大量のステロイドを服用したので7年ぐらい前から乱れていました。

数年前から夏になると頭から大量の汗が出るようになりました。あ~!これが更年期なんだ!と確信したのが汗です。

肩こりなどは、若いころからあるのでいまさらなんですけどね。

あとは、ホットフラッシュ!これは、たまーーーーにあります。でも、よく言われるかーってなる感じはなくて、あれ?これかな?という感じです。今から、増えるのかな?

そして、今私が一番困っているのが腱鞘炎です。

両手の親指の付け根が痛くなっています。持病のリウマチ?と思ったんですけど、この関節が痛い感じではないんです。

腱鞘炎もホルモンの関係

そういえば、姉も腱鞘炎やばね指で困ってたなぁ~って思いだしたんです。なので、歳のせい?なんて思ってました。

そうしたら、コンビニのオーナーの奥さんに「ホルモンの関係じゃない?」って言われて調べてみたら・・・やっぱりそうでした。

腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病、ばね指)とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル
腱鞘炎(ドゥ・ケルバン病、ばね指):骨と筋肉をつないでいる組織を「腱」というが、腱が通るトンネルである「腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こしてぶ厚く狭くなり、腱がスムーズに腱鞘を通過できなくなった状態が腱鞘炎。狭窄性腱鞘炎と呼ばれるもの…

ホルモンの関係で腱が弱くなる?らしいんです。更年期ってこういうのもあるのを知ってびっくりです。

リウマチの主治医に診てもらったら「腱鞘炎だねぇ~あんまり痛かったら、ステロイドの注射をしてそれでもよくならなかったら切ればいいよ」と・・・

ステロイドも嫌だし、切るのもいやーーーー!

対策を練りました

なので、対策を練りました。まずは、更年期自体を乗り切る方法。

漢方とか言われるけど、私以前働いて薬局で更年期の漢方とかよく処方されてたけど・・・ん~~効きました!と胸を張っている患者に会ってません。

更年期障害って基本は自律神経の乱れなんですよね。だったら、mikaさんのブログが一番納得がいくし、わかりやすいんです。

目覚めよカラダ さらなる自分に生まれ変われ  女性たるもの花のように太陽のように生きるべし
三雅 mikaさんのブログです。最近の記事は「こうやって1つ1つ女子の体を良くしていく(画像あり)」です。

日本全国の更年期の女性みんなに読んでもらいたいなって思います。考え方ひとつで更年期でも幸せな気分になれるんですよね。

そして、私の今の問題は腱鞘炎。ステロイド注射はしたくないです。なので、とりあえずサプリを飲むことにしました。

病院などでもしびれなどに処方されるのがビタミンB12なんですよね。で、調べてみたらビタミンB1も必要らしい。

というわけで、早速こちらで注文しました。

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品

いろいろ飲んでいるのですが、今回腱鞘炎のために注文したのは2点です。

Doctor's Best, ベンフォチアミン150+α-リポ酸300、ベジカプセル60粒

それと冷えが大敵なので、毎朝足浴しています。あと、毎日のお風呂にマグネシウムのエプソムソルトを入れています。これがかなりいい感じです。私が使っているのがこちら。

あとは、とにかく笑う!!これが一番ですね。。。

まだ、いろいろ私がしているものを記事にしていきたいです。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

更年期の気持ち
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。