スポンサーリンク

コロナだろうがなんだろうが義両親との同居は無理だな

家族
スポンサーリンク

家族ってどこで区切るのだろうかと最近思うようになっています。

コロナのせいなのか、夫のせいなのか、家族についてどんどんネガティブ方向へ行っています。

今日は、思わず姉に電話で愚痴を聞いてもらいました。

スポンサーリンク

夫にとっての家族とは

緊急搬送騒ぎ、入院、退院、痛み・・・そんな夫も痛いだろうがこの休みも実家へ行っています。

入院中、会えないのにあれを持て来い、これを持って来いと結局毎日のように病院へ行っていました。

入院手続き、退院手続き、保険の手続き、限度額認定証の手続きを当たりまえですけど私はしました。

私にとって夫は、家族ですから。

でも、夫は少し痛みが治まってきたら実家へ行ってあれこれしています。

きっと夫にとっての家族は、私や私たちの子供じゃなくて義両親なんだなって思うようになっています。

親なのだから当たり前だと言われたらそうなんですけど、私や子供たちへの関心がほとんどありません。

姉にも「寂しいね」と言われてしまいました。

義母との距離

義母は、とってもよい方です。私には、なんにも言いません。

嫁姑のいざこざなんて一回もありません。

それは、本当は義母と私には距離があるからです。

結構当初、夫の実家へ行き毎週一緒に食事をしていました。義母は、なんでもされる方で私が手伝おうとしても「座っときなさい」と言われてました。

結婚したばかりの私は、何を手伝っていいのかわからず結局座っていました。

それでも、食器洗いぐらいはできると思って義両親の食器を「一緒に洗います」と言ったら「これを洗われたら困る」と言われたのです。

私は、結婚して26年になりますが夫の実家で食事をしても一回も義両親の食器を洗ったことがありません。

私が悪いのかもしれませんが、洗えない・・・

義母と私との距離は、縮まることはないのです。

義両親に不信感

今回、夫が入院したときに夫は義両親には言うなと言いました。

だから、私からは連絡をしませんでした。入院して1週間ぐらいしてから義母から電話が来たのです。

「入院したってどうした?」という電話でした。夫が入院していると連絡したようでした。

なので、私は腰が痛くて救急車を呼んで痛みがひどいらしいと言ったのです。そうしたら、義両親は今年の田植えは辞めようと言ってくれたのです。

今年は、息子がコロナで帰省できないので良かったと思っていました。

そうしたら、夫に義両親に余計なことを言ったと怒られてしまったのです。そして、退院してから・・・結局、このGWに田植えをすることになったのです。

私は、持病もあったし農作業の手伝いはしません。というか・・・そうしなくていいとずっと言われてきましたからしていません。

義両親もそろそろお米は作らなくてもいいと言ってたし、一年ぐらいしなくてもお米はあるから辞めようって言ったのに夫がすると言ってすんなりするって・・・

義両親に対しても不信感がわいてきています。

同居が一瞬かすったけど

夫が入院したときに、夫の具合が本当に悪くて会えないしすっごく心配したし不安にもなりました。それにこのコロナ・・・一瞬、マンションを売って夫の実家に帰るっていうこともありかなとも思ってしまったのです。

でも・・・やっぱり無理ですね。

私は、夫、義両親にとっては家族ではないのです。

姉との電話でも「私は、孤独にひとりで生きていく覚悟を持たないといけないのかも」と話しました。

夫が実家に泊まらずマンションに帰ってくるのは、実家にはネット環境がないからなのは私にもわかっています。

今回の、入院騒ぎでよーくわかりました。

コロナのことより、ひとりで生きていくことを考えないといけないと確信しています。

たぶん、夫はもう少ししたら実家に帰るんじゃないかな。。。

私は、ぜーったいに行きません!

あ、離婚はしませんよ。私一人では生活できないですからね。

姉にも「そこんところは、しがみついときなさい」と言われました。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

家族
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。