スポンサーリンク

辛抱、辛抱っていうけどそれ必要なのかな。。

日常
スポンサーリンク

お盆は、ずっと娘のアパートに転がり込んでします。職場復帰した娘もまだまだアップアップ状態ですけど、お盆なのでお休みもあったり職場もゆったり状態なのでいまのところ大丈夫です。

私もこの土地は、生まれ育ったところなので気持ちがとっても楽です。やっぱりここが私の居場所なのかなって思ってしまいます。

スポンサーリンク

姉の息子である甥っ子は、いま求職中。なかなか働くところがみつからず、姉もすごく心配している状態です。

結婚もして子供も二人いるから、まわりから見てもほらほら仕事にいけ~って感じなんですよね。とくに、男性陣はね。

いまは、家の農業を手伝っている状態で何もしていないわけではないけど甥っ子も家族のために外に働きにいかないとって思っているようでした。

辛抱しろ

みんな、大人?(50歳以上)たちは、「辛抱がない」とか「今度は、辛抱しろ」とか言うんですよね。

私も以前はそう思っていました。でも、今はこの「辛抱」って何?って思うようになりました。

自分にとってしんどいと思ったり、ここは自分の居場所ではないって思いながら辛抱するってとてもつもない力がいるし、最後はボロボロになってしまうんじゃないかなって思うんです。

今回、甥っ子と話をして「しんどいかと思う場所へどうして行く必要があるの?」と問いただしてみました。

そうしたら「家族のため」って言ってきました。

家族のための辛抱って何?

そりゃーね、私も子供たちを二人大学に行かせるためにパワハラを受けながら辛抱して働いていたときもありました。

そのおかげ?で二人は大学に行けたけど、結局は自分の体はボロボロになってしまったんです。それって、正解?なのかなってずっと疑問に思っています。

家族のためにがんばるってことは、当たりまえというかそりゃーそうなんだけど、自分を殺してまで辛抱ってなんだか違うって思うんです。

家族に対する責任とかはあるけど、それだからって辛抱ってなんだろうって思うんです。

家族がいるからがんばれるっていうのは確かにありますよ。でも、がんばれるぐらいならがんばればいいけど、しんどいのに辛抱する必要はないでしょって甥っ子にも言いました。

それより、自分が元気でいられることのほうが大事だっていうことも言いました。

子供たちにも

私は、男どもは「辛抱しろ」って言うけど甥っ子にもだけど、子供たちにも「辛抱しなくていい」って言っています。

ある程度、がんばったら次へ行けばいいんじゃないなって言っています。娘へも「経験のためにがんばるならいいけど、しんどいのに辛抱する必要はない」って言っています。

息子にも「今の会社が自分の居場所じゃないって思うなら、次へトライすればいいんじゃないかな」って言っています。

失敗したっていいんだと思います。それに、今の世の中、昔の「辛抱」って通用しないし新型コロナの影響でどうなるかなんてわかりません。

昔?の人(私らから上の世代)の「辛抱しろ」って今の世の中に合わないのではないでしょうか。

「自分らの若いころは」なんて言う人ときどきいるけど、心の中で「あんたはそんなに偉かったのか?」と突っ込みたくなります。

一回しかない人生、新型コロナでどうなるかわからない未来、年配の言葉より若い人たちがどうしていくのかを自分たちの頭でしっかり考えてほしいなって思ってます。。。

私らは、自分たちが元気でいることが一番大事なのです。とつくづく思ったお盆休みでした。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

日常
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。