スポンサーリンク

薬剤師さん、ちゃんと仕事してよー副作用のこと言ってる?

からだのこと
スポンサーリンク

先週の持病の受診のときに、整形外科の主治医が衝撃的なことを言ってきました。

私に処方されている薬のことでした。

私は、肺炎でステロイドを服用をかれこれ7年も服用しています。

このステロイドの副作用で骨が弱くなるっていうのがあるんです。

それで、呼吸器内科からビタミンD、整形外科からはベネットという薬が処方されています。

今回、整形外科の主治医が言ったのがベネットという薬の副作用のことでした。

「歯科に定期的に行っていますか?」

と言われて、私は半年に一回は行っているので

「半年に一回は行っています」とこたえました。

そうしたら

「ベネットを飲んでいるので2か月に一回は行ってください」

といわれたのです。

主治医の話だと、主治医の患者さんがこのベネットの副作用で何本もの歯の根が壊死してしまい手術をしたということでした。

この患者さん、4か月で壊死が進んだということなんです。

そして、認知がある人だったから発見も遅くなったということでした。

私は、このベネットの副作用は以前から知っていました。

3年前、奥歯が折れてしまって抜歯をするときにベネットを3か月間休止をして口腔外科に入院したことがあります。

ベネットだけではなく、骨粗鬆症の薬でビスフォスフォネートという薬は、顎の骨髄炎、骨壊死という副作用があります。

リウマチ情報センター

今回、主治医はちゃんと言っていなかったと言われました。

私は、知っていたことなのでなんとも思わなかったのですがこの薬、多くの人が服用されています。

医師もだけど、薬剤師はちゃんと説明しているのでしょうか?

私の行っている調剤薬局の薬剤師からは、一度も言われたことがありません。

このビスフォスフォネートの薬を服用している場合、歯科を受診するときは必ず服用していることを言わなければいけないのです。

薬剤師は、このことは必ず言わなければいけないことなのです。

私自身は、自分の服用している薬がどんなものなのか、どのような副作用があるのかを自分で調べました。

私は、以前調剤薬局で働いていたからというのもありますが、みんながみんな私みたいに調べたりはしないですよね。

だからこそ、薬剤師さんにはこういったことはきちんと言ってほしいと思います。

私が行っている薬局はある程度大きな薬局で薬剤師もその都度ちがうけど、副作用のことなんて言われたことなんてないです。

以前、結核の薬を服用しなければいけなくなったときにチーズを飲んではいかないということがありました。でも、薬剤師からはなにも言われませんでした。

なので、「この薬を飲んでいる間、食べてはいけないものはありますか?」といじわるで聞いたのです。

そのときの薬剤師は「ちょっと待ってくださいね」と言って薬の説明書を見に行かれました。

そして「チーズだけは、避けてくださいね」と言われました。

私が聞かなかったら言われなかったのです。

あまり副作用に対して、敏感になりすぎるのもなんだかなと思いますが大きな副作用とか気を付けることはきちんと言ってほしいものです。

私みたいに、ネットであれこれ調べすぎるのもやっかいですからね。。。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

からだのこと
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。