スポンサーリンク

姉の父への思い、私への思いを考えてみた

家族
スポンサーリンク

お正月に実家へ行って、姉の態度がおかしかった。

姉が息子家族への執着?というものもあり、それと同時に父への憎しみが続いているんだということも感じたお正月でした。

スポンサーリンク

父の過去

私の父は、末っ子で相当わがままで育ったみたいでした。すぐキレる性格なようです。

母とお見合い結婚をして、公務員だった父は数年で辞めて、新しく働いた会社も数年でやめて、30歳すぎで自分の事務所を開きました。

父は、高卒で独学で一級建築士となりました。

私は、こんな父を尊敬していますが姉は、わがまま放題の父をいまでも憎んでいます。

ちゃぶ台返しは日常、母に暴力、ただ、子供たちには手を出すことはありませんでした。

それと、数々の浮気・・・

これは、私が高校生のときに私は目のあたりにしています。

女から家に電話がよくかかってきてたからです。

建築士でも仕事がなければ収入がない、収入があっても家には最低限しかお金をいれない。

いい車に乗り、携帯電話も早くから持っていました。

自分だけにお金を使い、私たち姉妹は大学に行きたくても行くことができませんでした。

姉が父を憎む理由

姉が父を憎む理由は、小学生の頃からはじまっているようでした。

何が原因で喧嘩をしてたのかはわからないけど、母がよく家を飛び出していました。

私は小さかったので覚えていないのですが、父は姉に「探してこい!」といつも言われてたそうです。

2人の妹は泣き叫ぶ、自分も泣きたいのに泣けなかったそうです。

姉が結婚するときに、父はお金を持っていたのかもしれませんが母が積み立ててたお金を少し出したようです。

父の兄が夜逃げをして父が保証人になっていたため、借金に追われるようになったとき姉は嫁ぎ先からお金を借りたそうです。

私は、そのときはまだ社会人になったばかりでお金もなく・・・

それでも、私もお金を借りて父に渡したときもあります。

その後、どうにもならずに両親は自己破産をして実家を売りました。

姉の嫁ぎ先から借りたお金はいまだに返してないそうです。

それでも、姉は長女という呪縛がずーっとあって両親を助けたいという気持ちが強く10年前に自分の家の隣に両親を呼んだのです。

これは、義兄が提案したことなので私は感謝しきれません。

姉の父への態度

姉はとなりに住んでいますが、いままでのいろんな思いがあり父に優しくできないようです。

友達などにもう少し優しくしてあげたらと言われても「無理」と答えると本人も言っています。

父も姉の冷たい態度がわかっていて姉が不機嫌だと言ってきます。

ま、父も自分の言いたいことを言うだけだし、認知症の母をどなったりしたりするので姉もますます許せる気分になれないのです。

私への思い

姉は私には、私への思いは言いません。でもね、たぶん自分ばっかりと思っているみたいなんです。

私は、父の愚痴はとにかく聞くようにしています。

お正月、お盆に毎年実家に帰るというより、姉の家の隣に住んでいる両親の家に行くという感じです。

もしかしたら、それもなんだかなと思っているのかもしれません。

今回の姉の態度からはそんな気がしてしまっています。

確かに姉の立場だったら・・・

私の思い

私は、姉に対してもっと父親に優しく接してほしいとか言えません。

父のいままでの行動を考えると言えません。

でも、父の寂しさもわかってあげたいと思ってしまうのです。

正直、どうしたらよいのかわからなくなってしまっています。

こういうとき、いつも思うのが長生きしたくないな・・・と。。。

リウマチで病気がちだから元気なままでずっといられる自信もあまりないのです。

たぶん、こういった気持ちって私ら世代の人はあるのではないでしょうか。。。

あ~めんどいですね。。。家族って

親?子供?孫?あ~これが家族という病なのか
やっと平常な日常が戻ってきました。 ただ、体はひとまわり大きくなって動くのがしんどいです。 お正月、夫の実家や私の実家へ行ってなんだか疲れました。 いろいろ考えさせられるお正月でした。 親が衰えてくる 夫の両親も私の両...

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

家族
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。