スポンサーリンク

義父、あんなに言ってた言葉を言わなくなった

家族
スポンサーリンク

鬼嫁のわたくし、それでもお正月は子供たちと夫の実家に数時間行ってきました。

正味、5時間。。。

これでも、帰省ブルーという私はやっぱり鬼嫁ですよね。

姑が神だと思っても帰省ブルーですが?
あ~また年末・お正月がやってきますよね。 この間、仕事が休みのときにテレビ見てたらスッキリで帰省ブルーのことをしていました。 結局、お掃除しちゃったんで内容は観てないんですけどそのまんまの言葉かな~? うちは、夫の実家は車...

ま、短時間の理由は娘なんですけどね。

過保護かもしれないけど、適応障害の娘に休み中にストレスを与えたくないからっていうのもあるのです。

夫の実家に行くと、義母は相変わらず優しくてうれしかったです。

私、義母は大好きです。

そして、義父・・・ますますやる気をなくしていました。

スポンサーリンク

義父の口癖

義父は自営業で土方仕事をしていました。山に入ったり、畑仕事をしたりバリバリ動いていました。

いつも行くと、病気になった方の悪口を言われていました。

リウマチ持ちでハードな仕事ができない私にとってはちょっと辛いものでした。

そして、いつもの口癖が

「仕事っていうのは、体を動かすことなんだ。体を動かさない仕事は仕事じゃない」

って言っていたのです。

事務系の仕事は、仕事ではないと言われていました。

土方仕事や体を動かす仕事をずっとしてきたのでそういう言葉が出ていたのだと思います。

知り合いが病気になると

「体を動かさない仕事をしているから病気になるんだ」

とも言っていました。

言わなくなった

この口癖、この数年は言われなくなりました。

ずっと体を動かしてこられたので、腰や足の調子が悪くなってしまってからです。

毎回、行くと言っていた言葉は一切言わなくなりました。

それどころか出てくる言葉は

「もうだめだ・・・」ばかり。

趣味のない義父は、体が思うように動かなくなってからは気持ちもどんどん沈んでいきました。

足や腰は、痛いけど他はどこも悪くないんです。

あれだけ自信たっぷりにしゃべっていたた義父の面影はなくなってしまっています。

寒くなってきてからは、ずっとこたつの中にいるようです。

この先が不安

義母は、元気で畑仕事もされていますが義母はとても小柄な方です。

反対に義父は、大きな体なのです。

今回、お正月に行ったときあまりしゃべらなくなってしまっていました。

笑顔もないし・・・

ちょっと心配です。

この先が不安になってきています。

リウマチ持ちの私には、介護はできないです。

それに、まだまだ住宅ローン、教育ローンに追われているので夫の両親を助けてあげる余裕もないのです。

ま、なるようにしかならないんですけどね。

ちょっとうざいなーと思っていた義父の口癖もあんなにやる気のない姿を見ると少し寂しい気分になってしまってます。。。

私、もっともっと元気になりたいとあらためて決意してます。。。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

家族
スポンサーリンク
シェアする
kotokeiをフォローする
半世紀生きたあとは。